2016-11-14から1日間の記事一覧

神経生理学的読書

1935年に三笠書房の「ヴレーミヤ」に掲載された「初めてドストエフスキイを読んだ頃」という回想で萩原朔太郎は読書について「神経生理学的」に読むと語った。 ポオも、ニイチェも、ショーペンハウエルも、僕はすべて我流の仕方で、神經生理學的に讀むの…